ご挨拶

更新日:2021年11月5日

初めまして。


これまでは妻のお店の妙蓮で骨盤矯正を担当していましたが、

予約が思うように取れないとのご要望がありまして同室の101号室で

もう一部屋を使って別々に分けて営業する事になりました。

これで少しでも解消できれば幸いです。


今後もご要望やご意見がありましたらお気軽にご相談下さい。




簡単に自己紹介を致します。


中医学の学校を卒業してから17年が経ちます。


講師は全員中国の方でした。

推拿は中国では医学療法の一つで大学病院には推拿科があり整形外科や内科や婦人科などの医師として幅広く活躍をしていた先生方の教えはとても興味深いものでした。


日本の整体の学校ではなくわざわざ中医の学校に通った理由は、

叔父がすい臓癌で死を宣告された事がきっかけでした。


病院ではなす術がなくただ死ぬの待っているだけでしたので、

何か少しでも痛みを和らげたり共有できることが出来ないか途方に暮れて辿り着いたのが中医学でした。


講師の中には私共夫婦が師匠と崇める鍼灸師であり気功の先生がおります。

実際に癌患者さんを施術しており、数か月先まで予約が埋まっている多忙な先生です。


その先生に私も癌と闘いたいと相談した所「中医学を理解していない」と諭されました。

中医学は予防医学です。未病のうちに取り除く事が使命です。

わざわざ癌に侵されるのを待つのでは施術家としては失格という訳です。


そんな訳で癌患者は先生にお任せして私は整体師として事前に食い止める役割を担えたらと考えました。


妙蓮にある温熱療法はその名残りです。



ここ数年では産後の骨盤矯正のご相談が増えてきました。

現在はママさんを支える事が日本の未病対策と考えております。


整体院や産後の骨盤矯正の専門店などで培った知識と経験で

多忙なママさんでも気軽に立ち寄れるお店を作りたいと思っております。


お役に立てるよう力を尽くします。


宜しくお願い致します。

閲覧数:84回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「産後の骨盤矯正」を希望するママさんからよく聞く質問をご紹介致します。 Q1.産後、いつから受けたらいいですか? A1.身体の状態にもよりますが、通常分娩の場合は産後1ヶ月ぐらいを目安に。 帝王切開であれば2ケ月ぐらいからがお勧めです。 Q2.産後、6か月以上過ぎていますがもう遅いですか? A2.問題ありません。 6か月というのは緩んだ骨盤が安定する時期の目安で、6か月以内であれば骨盤も緩 いので

当店ではワクチン接種後、10日以上経過して副反応がない場合のみのご案内とさせて頂きます。 10日以上経過しても注射した部分の痛み、発熱、倦怠感、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛みなどの副反応がある方はご案内を控えさせて頂いております。その後反応が治まって医師の承諾を取ってからのご案内とさせて頂きます。 ​ ※ご来店の当日の体調次第ではご案内をお断りさせて頂く事があります。  また、すべては自己責任になり

産後のママさんから骨盤矯正を受けた方が良いのかとよく聞かれますが、一度は骨盤の状態を診てもらった方が良いとお応えしております。 産前からの癖(悪い習慣)が強い人(食べ癖、足を組む、あぐら、ペタンコ座り、横座り、片足立ち、反り腰など)もいれば、元々運動不足の人などでも状態は変ってきます。 とくに身長の低い(160㎝未満)ママさんは骨盤の広がりも強い傾向にありますので絶対おススメです。 体重が落ちて痩